【前提】
離婚について当事者間において同意されていることです。(協議離婚)

【流れ】
1 相談
  離婚状況の相談。当事者双方または一方(妻の場合が多いです)より。
2 項目の作成
  当事務所にて1の相談内容に沿って作成した離婚公正証書に盛り込む項目を相談者とメールまたはFAXのやり取りしながら、最終的に決定します。
  当事者の一方からの相談の場合、相談者には相手方の同意を取り付けていただきます。
  その際、ご希望により、当職において相談者の代行者として、項目内容を相手方に郵送します。
3 公証人役場との打ち合わせ
  2で決定した項目に基づき、当職と公証人において離婚公正証書原案を作成します。
4 完成
  3で作成した原案を提示して、双方より委任状をいただき、公正証書を完成します。